FC2ブログ

漢方万華鏡

再開しました。道語を採集し記録する場所になっています。

Posted by seikado

Posted by seikado

『素問攷注』『霊枢講義』

医学書をまたたくさん買ってしまいました。

素問考注』 上下冊 中医薬典籍與学術流派研究叢書
 森立之著/郭秀梅/岡田研吉校点/ 学苑出版社

『靈樞(霊枢)講義』 上下冊 中医薬典籍与学術流派研究叢書
 澀江抽斎著/郭秀梅/崔為等校点/ 学苑出版社

ついでに岩波文庫から『渋江抽斎』森鷗外著も購入しました。
なんといっても「簡体字」でなく「繁体字」なのはありがたい。

『素問攷注』こんな感じ。


素問攷注』小曽戸洋氏の序文には、

「幕末考証学は古典医書研究において卓抜した成果を収め、
 今日に至るも本家中国をはるかに凌駕する水準を究めたと断言してはばからぬものである」

とある。

学・術の両分野から、優れた人材が当時の日本から次々と登場していた江戸期というのは誠に興味深い。

しかし興隆を究めた、日本漢方の世界も、明治の訪れとともに衰退に向かうことになる。


「明治以来、なんでも西洋化していった時代の中で、
 医学もまた西洋でなければ医学ではないという所にまでいってしまった」『素問攷注』

と森立之は嘆いたそうだ。


島田隆司氏曰く、矢数有道氏・丸山昌朗両氏から内経医学の再興は始まったという。

今日、僕たちは日本内経医学会さんの努力によって、こうした貴重な文献を

簡単に、安価で手に入れることができる。まことに尊く、ありがたいことだとおもう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。